エビスジーンズの軌跡

エビスジーンズの誕生は1991年、ジーンズ界では知られた山根英彦氏が立ち上げたブランド。今ではカモメマークと共に知らない人はいないとも言えるエビスジーンズだが、その軌跡は意外にも苦難(?)がちらほらと見え隠れしている。


エビスジーンズを立ち上げた山根氏。元々は大阪のアパレル会社勤務。そこでオリジナルのジーンズを企画・発注したが、ボツになってしまい、仕方なくエビスジーンズを立ち上げたのが始まり。偶然とも言える、エビスジーンズ誕生のきっかけだ。


さて、動き出したエビスジーンズだが、革パッチも織りネームも付けられないという資金難。そこで、山根氏が軽いノリでやったお金のかからないペンキステッチ…。これが後々エビスジーンズのトレードマークであるカモメマークになるのだから、世の中本当に何が起こるかわからないものだ。


続きを読む

エビスジーンズに溢れる遊び心

エビスジーンズ、1990年代前半から半ばにかけて、一世風靡しましたね。エビスジーンズのトレードマークともいえるペンキステッチと、エビス穿きが街中に溢れかえりました。エビス穿きとは、エビスジーンズをロングロールアップで履くことです。


レプリカジーンズのブームの火付け役とも言えるエビスジーンズ。やはりそのエビスジーンズの魅力は、なんといっても「遊び心」があるという点でしょうね。


エビスジーンズのトレードマークとも言えるペンキステッチは、もちろん遊び心満載ですが、エビスジーンズは色落ちにも独特の遊び心が見え隠れしています。エビスジーンズはその深く染まったデニムの色が、徐々に青緑っぽく色落ちしていきます。これが独特の味わいを醸し出して、とてもいいんですよね。


続きを読む

エビスジーンズ、知っていますか?

エビスジーンズ、知っていますか?一時は街中に、あのエビスジーンズのペンキステッチが溢れていたこともあり、エビスジーンズの知名度はかなり高そうではありますね。芸能人にもエビスジーンズの愛用者は多く、テレビや雑誌で見かけることもあります。


エビスジーンズは大阪生まれの国産ジーンズブランド。1991年にエビス代表でデザイナーである山根英彦氏が、リーバイス501をベースに作り出しました。

おかげで後にリーバイス社と争うことにもなるのですが和解に至り、その後は独自のこだわりを持ってエビスジーンズはどんどん成長していきました。


エビスジーンズは、日本でも90年代前半に一大ブームを引き起こし、ヨーロッパやアジア、ジーンズの本場アメリカまでも席巻。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。