エビスジーンズの軌跡

エビスジーンズの誕生は1991年、ジーンズ界では知られた山根英彦氏が立ち上げたブランド。今ではカモメマークと共に知らない人はいないとも言えるエビスジーンズだが、その軌跡は意外にも苦難(?)がちらほらと見え隠れしている。


エビスジーンズを立ち上げた山根氏。元々は大阪のアパレル会社勤務。そこでオリジナルのジーンズを企画・発注したが、ボツになってしまい、仕方なくエビスジーンズを立ち上げたのが始まり。偶然とも言える、エビスジーンズ誕生のきっかけだ。


さて、動き出したエビスジーンズだが、革パッチも織りネームも付けられないという資金難。そこで、山根氏が軽いノリでやったお金のかからないペンキステッチ…。これが後々エビスジーンズのトレードマークであるカモメマークになるのだから、世の中本当に何が起こるかわからないものだ。


決して最初から順風満帆というわけではなかったエビスジーンズも、90年代にブレイク。エビスジーンズブームとも言える一世風靡を成し遂げ、街にはエビスジーンズのペンキステッチが溢れかえった。


エビスジーンズのその後は言うまでもない。ヨーロッパ、アジア、アメリカまでも席巻し、エビスジーンズの実力は世界で認められることとなった。


もちろん、エビスジーンズの勢いはまだまだ止まりそうもない。今後、エビスジーンズが描いていく軌跡が楽しみだ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。